読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東ノ手から

信州上田市の東側にある神科(かみしな)台地。さらにその東側にある「東ノ手」近辺からのブログです。

水路の謎

水田に水が入るとこれまで乾いていた大地に蛙や虫などが繁殖し鳥達が餌を求めて賑やかになる。
さらに農耕器具の音が響く。
農家も高齢化して使用機械も旧式なのか?風情のある騒音でもある。
ほとんど音のない静かな時は水路から流れいる水のせせらぎが心地良い。
減反のためと思われるがまるでオセロの盤面のように水面輝く場所と土だけの場所のコントラストが幾分気になるが、水路からどの水田に水が配分されるのかを追って見ると、これが実に複雑な場所もある。水路そのものが逆に流れていたり、其の先にあるはずの水が水路になかったり、あの水田にはどこから水を入れているのか?
チョット眺めただけではわからない場所もある。
これも散歩の楽しみではあるが、不思議です。
数百年以上の歴史が作り上げた結果だからこそと思います。
f:id:fusion-0703:20160520082047j:image
f:id:fusion-0703:20160520082054j:image
f:id:fusion-0703:20160520082102j:image
f:id:fusion-0703:20160520082115j:image