読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東ノ手から

信州上田市の東側にある神科(かみしな)台地。さらにその東側にある「東ノ手」近辺からのブログです。

歩行思考

AM7:30   4°   曇り

暖かいと身体が楽です。

この感覚は春!

 

寒くないから心地よく春眠!

起きるのが少し遅くなり何となく身体がダルい。

歩き始めてしばらく身体も目覚めてきた。

 

歩く行為がなくなれば脳への刺激もなくなり退化すると分かっているつもりではあるのですが、そのことを実感しながら歩く朝の散歩でした。

 

歩くからには片方の足の役目が終わらないうちにもう片方が動き出すわけで、これの連続で歩行が成り立つから、考えてみればなかなか凄いことなんだなと改めて思うのです。

 

これが、筋肉をきたえたり、激しい運動となると疲れたらやめてしまうけど歩行では基本的にそれはないから連続した刺激が脳にも伝わることになるので思考も回りやすくなる。

 

そんなことはわかっていると言われそうですが、改めて実感した朝でした。

 

歴史上の偉人のようにカッコよく思考できるかについては別ですが、、、

 

f:id:fusion-0703:20170220080832j:image

f:id:fusion-0703:20170220080854j:image

f:id:fusion-0703:20170220080910j:image

f:id:fusion-0703:20170220080923j:image

f:id:fusion-0703:20170220080926j:image