読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東ノ手から

信州上田市の東側にある神科(かみしな)台地。さらにその東側にある「東ノ手」近辺からのブログです。

気がついたこと

AM7:00   −4°   晴れ

まだまた寒いです。

 

指の関節が痛いのです。

ずっと前から、もう10年近い。

 

60歳前後になると身体のあちらこちらに何らかの問題が出てきます。

指の関節が痛いのも年齢によるものかなと思っていたのですが今朝それが何故なのか?

気がつきました。

 

高校生の頃からギターを始め大学生でウッドベースを弾き始め現在はベースマンをまだやっているのですが、ギター系の楽器は左手の親指の位置がポイントとなります。その親指に負荷のかかる弾き方をしていたため年齢とともに筋力が衰えはじめた頃になって関節に痛みが出てきました。

 

それにしてもしても高校生の頃からの楽器歴は50年とは!自分でもビックリです。

何故かというとそんな長い年月なのに全く上達してないから、、、だからやめられないのかも、、、

 

関節にもどります。

指立て伏せのように床に指を押し付けた時に関節が力に耐えるためには指の形が幾分アーチを描いていないとならないのですが、自分の場合は痛みのある指の第二関節が逆アーチになっていたのです。

そのために本来の筋肉が使われずに靭帯や腱などが代わりを務める結果となりそれらが痛いのだと気がつきました。

指の形がアーチ状となるように筋トレをすれば多分治るだろうと確信しました。

 

このことに気がついた今朝はチョット驚きでしたが結果はいずれまた報告したいと思います。

 

確かに、、眼の衰えも筋力だから、、です。

 

f:id:fusion-0703:20170213074507j:image

f:id:fusion-0703:20170213074530j:image

f:id:fusion-0703:20170213074641j:image

f:id:fusion-0703:20170213074706j:image

f:id:fusion-0703:20170213074723j:image

f:id:fusion-0703:20170213074845j:image