読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東ノ手から

信州上田市の東側にある神科(かみしな)台地。さらにその東側にある「東ノ手」近辺からのブログです。

床屋さんへ

AM9:30  4° 曇り

 

徒歩で行きつけの床屋さんへ!

途中、ポケスポットを経由したので幾分遠回りでした。

歩くにしても目的が明確な場合はあまり苦にならないものですが、そもそも目的地もなく内心億劫という心理があると距離も時間も短くなりがちです。

 

歩きながら色々考えるのですが、いつも思うことがあります。

田舎にいても車が多くて歩いている人は少なく車が途絶える時はいつかな?と観察してみてもたいてい30秒以内に次の通行車がやって来ます。

歩道が狭い所は後方から来る車は怖いくらいです。

通り過ぎる瞬間、歩行者はドライバーに命を預けていることになる訳ですから、そう思うとバスの運転手や飛行機の操縦士と同じ瞬間があることになります。

自分が運転している時は当然注意はしていますが、歩行者の心理までは至ってないような気がします。

 

床屋さんはアットホームな雰囲気でいつもいろんな話しをして帰ってきます。

とても聞き上手、話し上手な床屋さんです。

f:id:fusion-0703:20161110131226j:image

f:id:fusion-0703:20161110131305j:image