東ノ手から

信州上田市の東側にある神科(かみしな)台地。さらにその東側にある「東ノ手」近辺からのブログです。

電池1個に感謝

片付けしていれば放置されたままの物も出てきます。そんな物の一つに電池切れの時計があったので使用電池を調べてみました。

直径5mm程の小さな電池でSR626SW「1.55v」とあまり見慣れないタイプだったのでコンビニにはないだろうとAmazon から1個だけでも購入。

単価98円で送料無料にて即購入。

郵送で届きましたが62円切手が貼られているので差額は36円と何だか申し訳ない。

おかげさまで、今まで眠っていた時計が時を刻み始めました。

f:id:fusion-0703:20180510180410j:image

f:id:fusion-0703:20180510180450j:image

f:id:fusion-0703:20180510180501j:image

f:id:fusion-0703:20180510180507j:image

f:id:fusion-0703:20180510180528j:image

f:id:fusion-0703:20180510180535j:image

f:id:fusion-0703:20180510180559j:image

 

 

 

 

物に思う

連休も最後の日となりましたが、まだ片付けが終わりません。

物が多ければホコリも溜まり空気の流れも悪くなるから、体に例えれば断捨離はダイエットに似てる気がします。血液の中で処理できない栄養分が毒を放つなどメタボから糖尿病まで連想できます。

さらに、オカルト的には悪魔払いなのかも?

妄想はともかくとして、長年に溜まった物を処分となると重い物を動かしたり分別作業もあるから大変です。幾分、アスリート?ライザップ?に近いかも!

買った時、入手した時は必要だと思っていた。

今は不要!

実に身勝手!

またいつか使うだろうからと、、、いつのまにか要らないものになっている。

その境界線はどこにあるのか?

自分の意識が時代の変化と連動しているから不明!

まだ新しいと感じていたはずが、気がついてみるとそうでもなくなっている。

物の存在を意識しなくなった時点が不要判定成立となるとしてもそれが自覚できない事に問題がある。

やはり、日々の整理整頓に頭を使うしかない。

しかも、楽しみながらでないと続かない。

C Mに出てくるような生活感のないオシャレな整理整頓ができる人は常に頭を使っているのかな?

できている人が羨ましいと劣等感が、、、

 

スマート社会への大変革がますます自動化や効率化に拍車をかけることは間違いなく、不要な物を捨てるには良い時期だと感じてはいますが、今後の変革にどこまでついていかれるのか?

便利な生活ができるならその方が良いに決まってます。

変革は必ず遺物を残すから先見の明を持ちたいとは思うのですが、、、、

世界情勢から日本の将来と我々の生活がどうなるのか?も気になります。

まずは身辺整理からですが、結局は自分の事が一番難しいと自覚するのです。

 

どうなるか?はどうしたいか?で変わるのだと、何となく思うのですが、、、

f:id:fusion-0703:20180506094900j:image

f:id:fusion-0703:20180506094916j:image

f:id:fusion-0703:20180506094935j:image

f:id:fusion-0703:20180506094956j:image

f:id:fusion-0703:20180506095013j:image

f:id:fusion-0703:20180506095026j:image

f:id:fusion-0703:20180506095034j:image

f:id:fusion-0703:20180506095103j:image

f:id:fusion-0703:20180506095122j:image

f:id:fusion-0703:20180506095137j:image

 

 

 

 

連休は断捨離中です

30数年の間、家の中を部分的には片付けたりリニューアルしてきたつもりでしたが広い田舎家のため全く手付かずで封印されていた箇所がいくつかありました。

2階の奥の部屋ではすでに存在を忘れていた書籍や雑誌が世紀の大発見?となり、驚きながらやっとの思いで玄関まで下ろしてみたらこんなに大量でした。

スーパーに設置されているポイント制ゴミステーションで計ってみたらトータルで330キロありました。

まだまだ古着からダンボールなどたくさんあります。

物を管理する心が間違っていたと大反省です。

この連休は頑張ります。

f:id:fusion-0703:20180503154222j:image

f:id:fusion-0703:20180503154235j:image

f:id:fusion-0703:20180503154300j:image

f:id:fusion-0703:20180503154303j:image

f:id:fusion-0703:20180503154316j:image

f:id:fusion-0703:20180503154322j:image

 

探しネコ〜その後

裏のお宅の飼い猫が行方不明とチラシが配布されました。

本日、午前のことです。

夕方、道路で死んでいたと判明。

よくある話かもしれませんが悲しい知らせでした。

草刈りをするお婆ちゃんのすぐ側で日向ぼっこするかわいネコちゃんの姿を我が家から時々見かけていたけど、そこにはホンワカとした幸福感が漂っていただけに残念です。

f:id:fusion-0703:20180423201204j:image

 

体温計の電池

体温計というと昔の水銀体温計のイメージがまだ抜けない自分です。

水銀計は熱を測ったら手で振って水銀を元の位置に戻したものですが風邪ひいて頭痛い時には辛い作業でした。誤って割ってしまい中の水銀が飛び散ってしまった事もありました。

現代の電子体温計にはそういうことはありませんが、なんだかつまらないと思うのです。 

電池が切れる経験は初めてでコンビニで新しい電池を買いました。

でもボタン電池にも水銀が入ってるかと思ってググッて見ましたが今は水銀のないのが多いようです。

スミマセン!

ググッたけど文章読むのが面倒で、、、

f:id:fusion-0703:20180421074324j:image

f:id:fusion-0703:20180421074716j:image

 

気温上昇の不安

雨も適度にあって木々草花の色彩感が一層増してきました。

明後日あたりは真夏なみの暑さと予報されてます。

暖かい気候は歓迎ですが部屋が暑くなると弦楽器の管理には気を使います。

特に夏場はエアコン入れたままにしないと温度差で楽器が傷むからです。

その事に無頓着まま暑い部屋にギターなどを保管していたある夏の事ですが、弦が切れてしまいました。さらに安物ギターのネックが変形し、一番の痛手はウッドべースのニカワが剥がれてしまったことです。

全く無知でした。

カメラなどの精密機器もそうですが温度や湿度の管理に気をつけなけれならない季節となりました。

信州は精密機器や楽器の製造にも適した気候なんですが、最近は冬場の寒さが厳しいだけでなく夏場も激しく暑い傾向ですから気を使います。

f:id:fusion-0703:20180420071321j:image

f:id:fusion-0703:20180420071337j:image

f:id:fusion-0703:20180420071425j:image

f:id:fusion-0703:20180420071356j:image

f:id:fusion-0703:20180420071359j:image

 

 

180419通院日

前期高齢者以降で持病が全くない人はどのくらいいるのだろうか?

全く根拠なき自己想定になるが多分1割以内ではないかと思う。

こうして大病院にきて見渡せば6割〜7割くらいは高齢者に思える。

ほとんどの病は悪しき生活習慣から来る。

高齢化で衰える身体の機能に歯止めをかけるためには健康を維持できる適性な生活環境や心身老化を防ぐ要因を持っていない限り難しい。

健康のためにいろんなことをしていたとしても間違っていることもあるからややこしい。

ライフスタイルそのものが健康に良いということであれば理想であるがそれも難しい。

仕事と趣味を通じてそうなる努力や工夫をするのが合理的と考え思案はしているがまだまだ決して理にかなっているとはいえない。

この病院にも通算何回通ったであろうか?

入院でお世話になった過去まで入れると人生のある程度の時間はこの病院で過ごしている。

おかげさまで、検査結果が良好で体調もよくなるとあれこれやりたくなるから調子に乗ると睡眠不足や運動不足となりうっかりすると食べ過ぎたりしてしまう。

自分を客観的に見つめることを忘れないようにしたいけど、またこれが意外とできていない。

以上、本日通院の日に感じたことでした。

f:id:fusion-0703:20180419093053j:image

f:id:fusion-0703:20180419093120j:image

f:id:fusion-0703:20180419093124j:image

f:id:fusion-0703:20180419093134j:image

f:id:fusion-0703:20180419093251j:image

f:id:fusion-0703:20180419093147j:image

f:id:fusion-0703:20180419093151j:image